1. トップページ
  2. A-decパフォーマンススツール

A-decのパフォーマンススツールは人間工学に基づいた独自の設計によって
健康的な姿勢を保ちながらの快適な施術を可能にします。

A-decパフォーマンススツール

健康的な姿勢を支えるスツール

長年にわたってA-decは、耐久性の高いスツールによって、歯科医療従事者が健康的な姿勢で座り、長時間でも快適に作業ができるようにしてきました。

A-decのパフォーマンススツールは、身体に適合して動くように設計されています。
たとえば、そのダイナミックな着座保持システム。身体のラインに沿った三層構造の柔軟なシートが腰部の姿勢を適切かつ健康的に一日中保ちますので、手足の血行が良くなります。
また、簡単に操作できるパドルによってシートおよび背板の傾斜・高さをお好みで調整できますので、自分にぴったりの姿勢を維持しながら治療することができます。

他にも、解剖学に則った形状の背板、シートの端の丸み――隅々まで行き届いた工夫によって、身体への負担を軽減しています。

スツール

健康的な着座姿勢

人間工学的なニーズを満たすには、最初に座り方を調整し、背骨がC字型になってダメージを受けることを避ける必要があります。臀部を膝より高くして座り、背板を低くして前に出すと、背骨が健康的なS字型を保てるようになり、作業効率も上がります。この健康的な着座姿勢は「アスレチックスタンス」と呼ばれ、A-decのパフォーマンススツールではこの理想的な姿勢を保つことが可能です。

 

4カ所で調整可能

正しい姿勢をとると、間接と背骨にかかる圧力が下がり、手足の血液循環が良くなります。A-decのパフォーマンススツールには、分かりやすい番号の付いたパドルが装備されており、それぞれでシートおよび背板の傾斜・高さを段階的に調整することが可能となっています。スツールのユーザーが複数いる場合に、自分に適した設定に簡単に調整できるのがメリットです。

 

ダイナミックなシートシステム

三層構造の柔軟なシートが、あらゆる移動や動きに適合します。
1. クッションフレーム(上層): 最終的に快適さを形にする層。
2. 快適で柔軟な補強部(中層): 4つのパフォーマンスに基づき表面を身体に適合させます。
3. 柔軟なフレーム(下層): 大きい動きを支持します。

A-dec 500 スツール

スツール

機能が豊富な新しいA-dec 500 スツールのシートシステムはダイナミックでありユニークなパフォーマンスゾーンは体型に適合します。このパフォーマンスは調和して動き、ユーザーは移動しても、上体を曲げても、作業をしていても、継続して支えられます。曲線状の背板などのその他の特徴により、背骨は支えられて最高に快適になります。A-decの人間工学に則したスツールを使用すると、最も大切なもの、つまり患者に集中できます。


スツールの特徴

◆傾斜シート:
体重がシートから足に分散し、血液循環が適切な状態になります。
◆曲線状の背板:
背骨が支えられて血流が促進されます。(※A-dec521歯科医師用スツールでは標準装備であり、A-dec522歯科助手用スツールではオプションです)
◆カバー:
縫い目を最小限にとどめているので、掃除が簡単です。
◆標準フットリング(A-dec522歯科助手用スツール):
医療従事者が正しい姿勢を保つことができるようになります。

非常に静かなキャスター

非常に静かなキャスター

カーペットでも硬い床でも、動きが滑らかで非常に静かです。

 

調整機能

調整機能

番号の付いたパドルで迅速かつ簡単にシートおよび背板の傾斜・高さの調整ができます。

 

背板の高さ調整

背板の高さ調整

プッシュボタンを利用し、片手で簡単に調整できます。

  歯科医師用スツール
A-dec 521
歯科助手用スツール
A-dec 522
ダイナミックなシートシステム
曲線状の背板 オプション
シートの傾斜調節 オプションの背板でのみ可能
スイングアームレスト オプション -
フットリング -
フットぺデスタル - オプション

A-dec 500 スツール/オプション

フットペデスタル

フットペデスタル

A-dec522歯科助手用スツールでは、フットリングをフットぺデスタルに交換し、さらに適切に体重をシートから足に分散してアスレチックスタンスにすることが可能です。

 

スイングアームレスト

スイングアームレスト

しっかりと腕を固定できて移動も簡単なアームレストです。
幅、高さ、回転角度の3つを調整できます。
◆腕を乗せて作業できます
◆アームレストを簡単にスライドさせて片付けられます
◆アームレストの高さを調整できます